塗るボトックス

スポンサードリンク


ふくらはぎ

ボトックスふくらはぎ方法

ボトックスは筋肉の働きを弱めることによって、筋肉の収縮をもたらしますので、ふくらはぎを細くしたい!という方からも人気があります。

ボトックスのふくらはぎへの治療はふくらはぎに数箇所ボトックスを注射するだけです。

ふくらはぎボトックスの治療間隔は、通常の場合、最初のうちは半年に1度のペースでボトックス注射を行います。そのうち効果1年程度持続するようになります。
ボトックス注射を行って、効果がなくなる前のまだふくらはぎが細いうちに次のボトックス注射を行うのがベストです。

ふくらはぎへのボトックス治療時間は5分程度です。使用する針も極細で痛みも傷もわずかです。
ボトックス治療後すぐに日常生活を送ることができますが、ふくらはぎを酷使するような運動は効果が長持ちしないので避けましょう。


ふくらはぎ

ボトックスとふくらはぎ

ボトックスは筋肉の働きを弱めることにより、筋肉の収縮をもたらしますので、小顔効果や、ふくらはぎの筋肉に注射して脚を細くする目的でも使用されています。

ふくらはぎの約95%は筋肉でできています。
日常、歩いたり走ったりすることで筋肉が鍛えられ発達していきます。
脂肪を除去することでスッキリするお腹や太股とは違って、ふくらはぎは細くなりにくいのです。

そこで効果的なのがボトックスです。
ボトックスは、ふくらはぎの筋肉を萎縮させて、ふくらはぎの部分をすっきり細くさせることが可能です。

ふくらはぎへのボトックス注入法は、一般的な生活をするのにまったく支障はありません。

多汗症

ボトックスで多汗症治療

多汗症は、汗の量が異常に多い症状の出る病気です。

わきの下や手のひら・足の裏などは緊張による精神的発汗の盛んな場所です。

ボトックスは皮膚に注射することでエクリン汗腺に「汗をだせ」と指令をだす交感神経の働きをブロックさせるのです。

ワキの下の多汗症の治療には、ボトックス注射が効果的です。

治療時間は10分程度です。
効果が持続するのは個人差がありますが、約半年ぐらいです。
年に1,2回再注入することにより、数年たてば汗腺が萎縮し、汗の分泌量が低下します。

持続性は半年ぐらいですが、手術と違い傷跡も残ることなく、治療時間も10分程度です。汗をかくことでなかなか積極的になれない方や、接客業などの方にもおすすめの方法です。

わきの下の汗を抑えるのでワキガにも効果があります。

小顔

小顔になるには

「ボトックス」による小顔法はメスを一切使わないで、短時間で小顔になれる最も新しい方法です。

筋肉を退化させて顔を細くするこの方法は、大きな手術も必要なく
自然に顔が細くなるため、周りの人に気づかれる心配もありません。

今までの小顔法は、骨を削る方法や脂肪吸引など大がかりな手術が必要でしたが、メスを使わずに短時間で小顔になれる新しい方法が「ボトックスによる小顔法」です。

自然に顔が細くなるため、周りの人に気づかれる心配もありません。
続きはこちら

シワやたるみ

シワとたるみ

シワは歳を重ねていくにつれ深くなっていくものです。
しわの原因は、肌の乾燥・紫外線・老化です。

真皮内のコラーゲンの変性などが起こることで弾力や柔軟性が失われ、
ひずみができて、シワが発生してしまうのです。
目尻のシワが気になるという方が多いですが、目の周りは皮膚の厚さがほかの部位よりも薄く、外部環境の影響を受けやすいところであり、皮脂分泌量も少ないために、もともと乾燥しやすいのです。

たるみは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの成分が減少してハリがなくなると、表情筋は支えがなくなりダラリと垂れ下がってしまいます。また、年をとるごとに、少しずつ少しずつ、顔の筋肉自体がたるんできます。これが、一般的に顔の「たるみ」といわれています。

老け顔といわれる場合も、たるみによって実際の年齢よりも老けて見えてしまうことのようです。

シワとたるみを解消することで、若返りを実現できるのです。








ボトックスとヒアルロン酸注入との違い

ボトックスとコラーゲン・ヒアルロン酸とは違う?

ボトックスは、笑ったときに出来る目尻のシワや、眉をひそめたりしたときに出来る縦ジワなどの表情シワに効果があります。

それに対してヒアルロン酸は無表情の際にできるシワに有効的です。
ヒアルロン酸は、もともと人体の真皮層に存在する多糖類のことをいいます。
水となじみやすいために保水力が高く、肌のはりや弾性を保つのに役立ちます。

ヒアルロン酸で本来の若々しい肌を取り戻し、ボトックスで目尻、眉間、おでこなどの表情ジワの部分をなくすという併用をすることで効果的なしわ予防となります。

続きはこちら

塗るボトックスとは違う?

塗るボトックスとは違う?

塗るボトックスというのをご存知でしょうか。

新開発の「アルジルリン」という成分を含んだ美容液等が、塗るだけでボトックスと同じ効果を得られることがわかったため、塗るボトックスといわれています。

ボトックス注射では、ボツリヌス菌毒素から抽出された成分を注射によって皮膚の内部に直接注入しなければならなかったのに対して、アルジルリンは皮膚の上から塗るだけでボトックスと同じ働きをして、しわを改善することを可能にしました。

塗るボトックスは、価格が通常の化粧品と大差が無いということもあって、毎日のスキンケアとして使用する方が多く人気となっています。



続きはこちら

ボトックス注入の注意点

ボトックス注射の注意点

ボトックス注射は下記に該当する方は施術することができません。

☆妊娠している方、または授乳中の方

☆治療期間中に妊娠の予定がある方

☆重度のアレルギーの方

☆ボツリヌス菌による食中毒の経験がある方(ボトックス治療)

☆その他、施術前の診察で既往症・服用している薬・皮膚の状態などで不適合と診断を受けた方

☆高度の呼吸機能障害を持つ方

☆ケロイド体質の人の方

一般に高齢者は生理機能が低下しているため、投与に当たっては少量から開始し状態を観察しながら慎重に投与する必要があります。

アラガン社では審美目的でのボトックスの対象年齢を18歳〜65歳としてFDAの承認を得ています。

ボトックスは安全性が認められてはいますが、神経毒(神経を麻痺させる毒素)の一種なので、医師の側に十分なカウンセリングとインフォームドコンセントが必要です。



ボトックスの安全性と危険性

ボトックスの安全性と危険性

ボトックスはボツリヌス毒素の中から、治療のために抽出された純粋なものを注入するシワやたるみ、多汗症などの治療法です。

ボツリヌス菌というと怖いイメージもありますが、美容への応用も安全が確認されていて、多くの国で治療薬としての認可を受け使用されています。

一度の治療に使用される分量も摂取すると中毒を起こすとされる量の数千分の1で、しかもごく局所的にしか使用しないため、治療が元で中毒を起こす危険性はありません。


続きはこちら

ボトックス注射

ボトックス注射

ボトックス注射(注入)は美容皮膚科、美容外科で行われます。

以前は手術でなければ治療が難しかった笑ったり、怒ったりすることによって出来る表情によるしわが、ボトックス注射できれいに改善されます。

表情によるしわの治療以外にも、目を大きくしたり、小顔にするといったプチ整形、多汗症治療など、様々な目的でボトックスは使用されています。

ボトックスは数箇所に注射するため、注射の痛みはある程度あります。

なるべく痛みを抑えるために、ボトックス注射の前に局所麻酔を塗り、極細の針で注射します。





続きはこちら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。